総合的なエンジニアリング アプローチを有効化

コラボレーションおよび自動化を強化し、チームや部門間で再利用します。